東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

深瀬昌久氏 写真集「MASAHISA FUKASE」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ

赤々舎より、深瀬昌久氏の写真集が出版されました。


MASAHISA FUKASE

b0187229_12550805.jpg



以下リンクより

深瀬昌久、待望の集大成。

私性と遊戯を追い求めた40年。


1960年代から日本写真の第一線で活躍した写真家・深瀬昌久。だが、1992年の不慮の事故により、その活動は閉ざされた。「鴉」が不朽の名作として語り継がれる一方、そのほか大半の作品については紹介される機会が失われた。
本書は、謎多き写真家 深瀬の40年間に及ぶキャリアを俯瞰し、その写真表現の全貌を初めて浮き彫りにする。

北海道の写真館の家系に生まれ、「私性」と「遊戯」の視座に根差した写真表現を多岐にわたる手法で探求した。その人生の中心には常に写真が腰を据え、内なるリビドーは周囲を巻き込み、己の人生をも破滅へ向かわせた。
初の決定版となる本書は、作品ひとつひとつを時系列順に整理し、深瀬が雑誌に残した撮影後記や手記から、その制作意図や背景を全26章にわたり丹念に描き出す。
これまで断片的にしか見えてこなかった深瀬の作品が、軌跡となって立ち現れ、生涯をかけてカメラの先で何を見つめようとしていたのかを本質的に探ろうとする。

巻末に年譜及び、主な雑誌寄稿を付す。
写真表現の豊かさと凄みを湛え、未来に手渡す大冊。


このどろどろと黒い視線の持主が、

日常意外にあたたかい笑顔の持主であることも

つけ加えたい

山岸章二 1971年


<目次より>


北海道

東京 1952-1954

豚を殺せ

カラー・アプローチ

松原団地と新宿

遊戯-A PLAY-

家族・I

組立暗箱を担いで

烏1976

サスケ

鴉1979

烏・夢遊飛行

烏・東京篇

歩く眼・I

歩く眼・II

遊戯-A GAME-

総天然色的街景

烏景

家族・II

父の記憶

私景

ヒビ

ベロベロ

ブクブク

烏1992

オートマティズム


*****************************
監修/本文 : トモ・コスガ

序文 : サイモン・ベーカー


   日本語版デザイン株式会社ザイン

  発行赤々舎

  サイズ:195mm × 260mm ×45 mm
  ページ数:416 pages
  布張り上製本
  ¥8000+tax

  Published in September 2018.
  ISBN: 978-4-86541-084-6


[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 12:57 | 受賞作家関連

吉田志穂さん 個展「Quarry / ある石の話」


フォトふれ 個展のお知らせ

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、吉田志穂さんの個展が開催されます。


Quarry / ある石の話

b0187229_12412312.jpg
©Shiho Yoshida


以下リンクより

Googleで画像検索をし、モニター上にモチーフとなる被写体を探す。出てきた検索結果からイメージを選んだ後、最初の撮影が行われる。その後、そのイメージが実際に撮影された現地に足を運び、そこでまた撮影をする。
吉田志穂は、これまでこうした方法でデジタルとアナログの間を行ったり来たりしながら対象を求め、制作を続けてきました。
撮影されたイメージは、等価にプリントされていきます。吉田にとって、それがデジタルかアナログか、リアルであるかヴァーチャルであるのかといったことは大した問題ではありません。出てきたイメージをプリントし、そのイメージの本質について考える時間が制作における大切なプロセスであり、そして最も重要なことはそれらのイメージが実際の空間でどう見せられるのかということなのです。
展示によってそれぞれのイメージは物質化され、ひとつの空間へと変わっていきます。その時、イメージは見るものから体感するものへと変わります。そして、そこは到達した場所であると同時に、そこからどこかにつながる一つの風景でもあります。

今回吉田が選んだのは、ある「石」を巡る物語です。「石」は人間の生命のタイムスケールで測ることはできません。悠久とした長い時間を経るものとして、半永久的に不変の存在とされてきました。また「石」は、中国ではセキと読み、日本ではコクと読む、私たちの生活の中で質量の単位を表すものでもありました。
そうした「石」が持つ時間と物量が、古今東西様々な物語を生んできました。

吉田が探してきたイメージが、語られてきた物語の断片なのか、新たな物語を作るのか、時空を超えて現れてくるものを共にご覧いただければと思います。


■オープニングレセプション
日時:2018年9月29日(土) 18:00 – 20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日時:9月29日(土) 17:00 – 18:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
登壇者:吉田志穂 x 金澤韻(インディペンデント・キュレーター/十和田市現代美術館 学芸統括)
※事前申込制、参加費:無料
*お申込みは下記リンクより


*******************************
会期:2018年9月29日(土)- 11月2日(金)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿 #206
   営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 12:43 | フォトフレンド

林直さん 展覧会「フォト楽友会 写真展 2018 空」


尼崎総合文化センター2F ギャラリーアルカイックにて開催中の展覧会「フォト楽友会 写真展 2018 空」に、東川賞受賞作家展 元指導員の林直さんが参加しています。


フォト楽友会 写真展 2018 空

b0187229_17395646.jpg

以下リンクより

今年のテーマは『空 くう』

12名の『空』を感じて頂ければ幸いです

お時間が合いましたら是非ご来場ください
皆様にお会いできる事を楽しみにしております。


*****************************
2018年9月19日(水)~9月24日(月)
10:00~18:00  最終日は16:00まで
尼崎総合文化センター2F ギャラリーアルカイック
 〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-19 17:44 | フォトフレンド

篠山紀信氏 展覧会「篠山紀信展 写真力. THE PEOPLE by KISHIN」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

宇都宮美術館にて、篠山紀信氏の展覧会が始まりました。


篠山紀信展 写真力. THE PEOPLE by KISHIN

b0187229_16073177.jpg


以下リンクより

写真家.篠山紀信(1940-)は、1950年代後半からその活動をスタートさせ、現在に至るまで、時代のトップを走り続けています。

本展は篠山紀信という稀有な写真家が、「写真」というメディアに内在する強力な「写真力」をあらためて世に問う大規模な個展です。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコや山口百恵といった有名人から東日本大震災で被災された方々まで、篠山か50余年に渡って撮り続けてきた膨大な数のポートレートの中から約120点を厳選し、「GOD」(鬼籍に入られた人々)、「STAR」(すべての人々に知られる有名人)、「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)、「BODY」(裸の肉体一美とエロスの闘い)、「ACCIDENTS」(2011年3月11日―東日本大災で被災された人々の肖像)の5つのセクションで紹介します。

これらの圧倒的な迫力に満ちたポートレートの数々は、あらためて「日本人」とは何か「日本人」とは何かを観る者にり問いかけるものとなるでしょう。


***************************
2018年9月16日(日)~2018年11月4日(日)
午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館:毎週月曜日(ただし9月17日、9月24日、10月8日は開館)、9月18日(火曜日)、9月25日(火曜日)、10月9日(火曜日)
観覧料:一般1000円、大学生・高校生800円、中学生・小学生600円
  • 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその同伴介護者(1名)は無料。
  • 宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料。
  • 毎月第3日曜日(9月16日・10月21日)は「家庭の日」です。高校生以下を含むご家族が来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料。
  • 11月3日「文化の日」は宇都宮市民は無料。
宇都宮美術館(宇都宮市長岡町1077番地)




[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-16 16:10 | 受賞作家関連

飯沢耕太郎氏 展覧会「月読み」


ポートフォリオオーディションお審査員をしてくださっている飯沢耕太郎氏の展覧会が開催されます。


月読み

b0187229_15590668.jpg


以下リンクより

9月といえば中秋の名月。
月を愛でるのにふさわしい季節です。
それに合わせたわけではありませんが、
9月17日(月)〜22日(土)に、銀座のギャラリー巷房1、2、階段下で、
飯沢耕太郎ドローイング展「月読み」が開催されます。
http://gallerykobo.web.fc2.com/kobo1.html


9月17日(月)〜22日(土)
ギャラリー巷房
104-0061 東京都中央区銀座1−9−8奥野ビル(3F、地下、階段下)
03-3567-8727(tel.)  12:00~19:00(最終日17:00)


飯沢さんが昨年と、今年の夏休みに集中して描いた月の絵のオンパレード。
10メートルという絵巻物の大作もあります。
ぜひ足をお運びください。


また絵とことばの本『月読み』(三月兎社/2500円)も同時刊行することになりました。
展覧会場で購入できます。こちらもぜひお求めください。





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-16 16:00 | その他お知らせ
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30