東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

石川直樹氏 トークイベント「衝動を写す」


東川賞受賞作家 トークイベントのお知らせ

穴吹デザイン専門学校にて、石川直樹氏のトークイベントが開催されます。


衝動を写す

b0187229_15530275.jpg



以下リンクより

写真家がシャッターを押すとき、彼らは何を思い、何を感じているのでしょうか。また、作品を世に出すとき、何を大事にしてその写真を選んでいるのでしょうか。

このたび、世界をフィールドに精力的に作品を発表する石川直樹さんと、地元・広島をベースに活動する藤岡亜弥さんをお招きしたトークイベントを行います。お互いの最新写真集をテーマに、収録された写真をスライドで見ながら対談していただきます。

石川さんは“自分にとって島宇宙への入口だった”というトカラ列島を記録した『流星の島』。藤岡さんは自身の生活場所でもあるヒロシマと改めて向き合った『川はゆく』。撮るという衝動のその瞬間から、作品として結実するまで、二人の写真家それぞれの視点でお聞きし合う特別なトークイベントです。イベント終了後はサイン会を行います。


石川 直樹 / Naoki Ishikawa
1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。 『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最新刊に写真集『Svalbard』『流星の島』(SUPER LABO)、著書『極北へ』(毎日新聞出版)がある。 9/8〜11/4まで、北九州市美術館にて大規模な個展『この星の光の地図を写す』を開催。


藤岡 亜弥 / Aya Fujioka
1972年広島県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。2008年新進芸術家海外研修制度(文化庁)の研修員としてNYに滞在。2012年帰国、現在広島在住。写真集に『さよならを教えて』(2004年/ビジュアルアーツ出版)、『私は眠らない』(2009年/赤々舎)など。2004年第24回写真『ひとつぼ展』入選、2010年日本写真協会賞新人賞。2016年 第41回伊奈信男賞受賞。2018年 第27回 林忠彦賞 受賞。第43回 木村伊兵衛写真賞 受賞。





***************************

日時:9/28(金)19:30〜21:00(受付18:30より)
料金:1500円
定員:100名
会場:穴吹デザイン専門学校
(〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24 穴吹広島第一ビル)

お申込みはリンクより






[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-16 15:54 | 受賞作家関連

大橋英児氏 展覧会「第34回写真の町東川賞受賞記念展」


東川賞受賞 展覧会のお知らせ

Gallery 茶廊法邑にて、大橋英児氏の展覧会が開催されます。


第34回写真の町東川賞受賞記念展

b0187229_15433327.png
©Eiji Ohashi



*******************************
日程:2018年9月19日(水)~9月30日(日)
会場:Gallery 茶廊法邑 
札幌市東区本町1条1丁目8-27
開場: 10:00-18:00 定休日 月曜日・火曜日(入場無料)




[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-16 15:44 | 受賞作家関連

森村泰昌氏 展覧会「起点としての80年代」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

金沢21世紀美術館にて開催中の展覧会「起点としての80年代」に、森村泰昌氏が出展しています。


起点としての80年代


b0187229_18103924.jpg


以下リンクより

1970年代のコンセプチュアルでストイックな表現に対する反動から、80年代の日本では絵画や彫刻の復権が唱えられ、好調な経済状況を背景として、色彩豊かで伸び伸びとした筆遣いの「ニュー・ペインティング」などが広まりました。しかし、90年以降の美術は、むしろ「おたく」など80年代のサブカルチャーに影響を受けた表現が主流となります。そのため、それ以降、80年代の美術は参照されることが少なくなってしまいました。近年、「具体」や「もの派」など1970年代までの戦後日本美術に関する研究が国内外で急速に進んでいます。今こそ、70年代と90年代のはざまにある80年代の日本美術について深く見つめる時期に来ていると言えます。約30年を経た今日から振り返ると、80年代は、今日の美術において重要なインスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、 メディア・アート、「美術」という制度を相対化する視点、日常性や軽やかさを大切にする感性などが新たに生まれた、充実した時代であったことがわかります。本展では今日の視点から80年代の日本の美術を見詰め直し、「起点」となる作品を紹介します。


******************************
2018年7月7日(土)〜2018年10月21日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
休館:毎週月曜日(ただし7月16日、8月13日、9月17日、9月24日、10月8日は開場)、7月17日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)
観覧料:一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円
金沢21世紀美術館 〒920-8509石川県金沢市広坂1-2-1


[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-14 18:13 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「山陰にて 植田正治、子どもたちの輝き」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

植田正治写真美術館にて、植田正治氏の展覧会が開催中です。


山陰にて 植田正治、子どもたちの輝き

b0187229_18040773.jpg



以下リンクより

"山陰にて"と題して開催する2回目の展示では、山陰の子どもたちのさまざまなイメージ、「輝き」を紹介します。カメラに戸惑う子ども、素朴な表情、はかなげな姿、笑顔、魅力的で愛らしい子どもたちが、植田正治の作品にはしばしば登場します。

 戦前の代表作《少女四態》、戦後まもなくに撮影された《パパとママとコドモたち》などの家族写真、シリーズ〈童暦〉を撮影し続けた1960年代、シリーズ〈小さい伝記〉の連載を始めた1970年代など、植田の写真には、常に子どもたちの姿があります。もちろん、「昭和の子どもたち」のノスタルジックな姿、愛らしい表情やカメラに対する素直な反応に惹かれていたとは思いますが、存在としてのあやうさや不確かさなどにも魅了されていたのでしょう。写真のなかの「昭和の子どもたち」は、カメラの前で一瞬緊張しながらも、無垢で純粋なまなざしを写真家へと向け、素朴で素直な反応をみせています。そのまなざしや反応は、子どもという被写体の本質、「輝き」を表しているようであり、私たちが忘れかけている大切な瞬間(とき)や幼い日々の記憶を喚起する特別な力を持っているように思えてなりません。

 今回の展覧会では、植田が各年代、各シリーズにわたり、カメラ、アプローチや表現方法も変えながら、"山陰にて"子どもたちを撮り続けた足跡を概観します。



******************************

2018年9月8日(土)―11月30日(金)

午前9時から午後5時(入館は閉館30分前まで)

休館:火曜日(祝日の場合は翌日)

入館料:一般900円(800円) 高校・大学生500円(400円) 小・中学生300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金です
※障害のある方とその付き添いの方(1名まで)は半額となります
※いずれも証明できるものをご持参ください 

植田正治写真美術館 〒689-4107 鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-14 18:05 | 受賞作家関連

三保谷将史さん 「アートフェアUNKNOWN ASIA」出展


フォトふれ アートフェア出展のお知らせ

明日から開催される「アートフェアUNKNOWN ASIA」に、三保谷将史さんが出展いたします。


アートフェアUNKNOWN ASIA

b0187229_18000354.jpg


以下リンクより

「UNKNOWN ASIA」は、アジアのクリエイターたちに、国を超えて活躍できるチャンスを作ります。
自らのクリエイティブを信じ、競い合い、語り合い、認め合う人たちを応援します。
「UNKNOWN ASIA」は、創造力と情熱で軽々と海を越えてくるクリエイターたちと、彼らに期待する人々をつなぐ場所です。
「大阪からアジアへ、アジアから大阪へ」かつて岡倉天心が唱えた「ASIA IS ONE(アジアはひとつ)」の精神は、いまここに。
未知なるクリエイターたち、それぞれの夢の実現に向かって。
このフェアに集う志高き全ての人たちを「UNKNOWN ASIA」は心から歓迎します。

アジアの才能 大阪に集う!

大阪発のユニークな国際アートフェア「UNKNOWN ASIA (アンノウンアジア)」が今年も開催されます。
4年目の今年は規模も参加国も最大規模に成長。アジア10カ国から選ばれた 200組が出展します。
審査員、レビュアー総勢100名によるビジネスマッチングも大きな特色。
デザイン、写真、ファッション、イラストレーション、パフォーマンス…。
ジャンルも国も超えたクリエイターたちによる刺激的な交流の現場をぜひ体験してください。


**************************
開催日程
・2018.09.15[sat] 10:00~20:00
・2018.09.16[sun] 10:00~19:00(入場締切 18:00)

会場:ハービスホール/大ホール、小ホール[530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA B2F]




[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-14 18:02 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30