人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

北野謙氏 新刊『未来の他者』


東川賞受賞作家 出版のお知らせ

bookshop Mより、北野謙氏の写真集が出版されました。


未来の他者

北野謙氏 新刊『未来の他者』_b0187229_08472515.png


以下リンクより

赤ちゃんのフォトグラムシリーズ『未来の他者』が写真集になりました。 フォトグラムはカメラやレンズを使用しない写真技法です。 真っ暗な部屋の中でカラー印画紙の上に赤ちゃんに乗ってもらい、一瞬の露光によってシルエットが写しとられています。 写真集では、見開き立ち落としで作品の原寸が印刷され、その上に1/10スケールのフルフレーム図版が印刷されており、作品全体像はもちろん、プリントの大きさ=赤ちゃんの大きさがわかるデザインです。

––––つい数時間前まで「この世界」にいなかった命と対面するのは不思議な体験だった。続けているうちに、こんなことを考えるようになった。赤ちゃんたちはどこから来たのだろう?赤ちゃんたちが「この世界」に来る前にいた世界はどんな世界なのか? 自分もいつかそこに戻っていくのか。–––– (北野謙『未来の他者』より抜粋)

¥1,980 税込
判型|290×200mm
頁数|68頁、図版18点
テキスト|北野謙
言語|日本語、英語
編集・造本設計|町口覚
デザイン|浅田農 (マッチアンドカンパニー)
発売元|bookshop M




# by higashikawa_blog | 2021-09-10 08:49 | 受賞作家関連

瀬戸正人氏 展覧会「 Silent Mode」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Akio Nagasawa Gallery Aoyamaにて、瀬戸正人氏の展覧会が開催中です。


Silent Mode

瀬戸正人氏 展覧会「 Silent Mode」_b0187229_08274543.jpeg
©瀬戸正人


以下リンクより

この度、Akio Nagasawa Gallery Aoyamaは、瀬戸正人個展「Silent Mode」を開催致します。

瀬戸正人は、1953年タイ生まれ。写真家・深瀬昌久のアシスタントを経て、81年にフリーランスの写真家として独立しました。1996年に第21回木村伊兵衛写真賞を受賞。2020年に東京都写真美術館にて「記憶の地図」展を開催し、2021年には第37回写真の町東川賞国内作家賞を受賞するなど現在も写真界で幅広い活動を続けています。

本展では1996年にスタートした「Silent Mode」シリーズの最新作品を中心に14点を展覧致します。是非この機会にご高覧頂けましたら幸いです。



《作家ステートメント》
Silent Mode 2020
写真は幻影に過ぎない。
だからこそ、この世界をもっとリアルに、
そしてもっと生々しく撮らなければならない。
その生々しい時間と世界の感触こそ、
幻影でありながら、見てしまったもう一つのリアルな現実、それこそが写真なのだ。
眼差しは、常にさまよい自己と虚空の間に漂う。
幻影を見つめ、自己へと向かう眼差しの奥底で、
やがて、その失われた焦点が翻り、
己の網膜に到達しスパークする。
その残像が、写真として人の記憶となる。

-瀬戸正人



*******************************

2021年9月2日(木) - 9月25日(土)
開廊時間|木〜土 11:00–13:00, 14:00–19:00
休廊日|日〜水・祝日
※新型コロナウイルスに関する状況により、会期や内容が変更する可能性があります。

〒107-0062 東京都港区南青山5-12-3 Noirビル2F





# by higashikawa_blog | 2021-09-07 08:29 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会 「Polaroids」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

SHOP Taka Ishii Gallery(香港)にて、荒木経惟氏の展覧会が始まりました。


Polaroids

荒木経惟氏 展覧会 「Polaroids」_b0187229_15365725.jpg
©荒木経惟


以下リンクより

SHOP Taka Ishii Gallery is pleased to present “Polaroids”, a solo exhibition of Nobuyoshi Araki from September 4 – October 10, 2021. Obsessed with the spontaneous nature of photography, Araki has persisted in a diaristic approach to his bold and unabashed photographic works for over half a century. By splitting the films apart, then splicing them together or applying paint on top, Araki has experimented and recreated imagery with the snapshots of nudes, flowers, toys, mundane objects and skyscapes captured through his vintage Polaroid camera. This exhibition will feature a selection of Polaroids shot between 2006 – 2016.

“Photography has never been a method of documentation for me, but a reflection of raw feelings and sensations born out of my experiences. This is why I only trust my libido—instead of “thinking” about photography, which is something I completely gave up some time ago. I don’t analyze the situation; I capture the moment.”

Nobuyoshi Araki, “Nobuyoshi Araki: Sakura”,
NOWNESS, London: Nowness, LLC. April 2013

I get close to it by pressing on the shutter; I get close to the ultimate point of truth, or of lies. It’s not about what I shoot. It’s about the everyday. It’s about pressing the shutter. What’s important is always right next to us.”

Nobuyoshi Araki, “I Like Everything”,
Mousse Magazine, Milan: Contrappunto S.r.l. December 2016

Araki’s deeply personal image-making practice comprises recurring subjects, ranging from rope-bound women and decaying flowers to the people, events, food and objects he encounters every day. The iconic series of skyscapes, or “shi-ku” (I-sky) as he termed, are taken from his balcony, which mirror his fleeting emotions, grievances and hope after the death of his late wife Yoko and beloved cat Chiro. Through the viewfinder, the artist ceaselessly explores the boundaries between life and death, sex and grief, everyday life and intimate moments.

“Polaroids” is the second exhibition of Araki at SHOP Taka Ishii Gallery, presenting altered Polaroid photographs along the lines of the “shi-shosetsu” (I-novel) narrative. In the “Arakiri” series (2015), cut-images of individual female model are juxtaposed with a person or an object, in a way to resemble Araki’s physical condition of imbalanced vision. Furthermore, the contrasting collages transcend the border between reality and fiction to reflect his mental landscape. Like in many other of his works that provoke Japan’s censorship laws, Araki scribbled and spattered bright-colored strokes of acrylic paint wildly across the “In-sha” series (2013), taken with his favored Impossible films. This technique is also applied to the Polaroid films of blurry silhouettes.

Nobuyoshi Araki (Tokyo, 1940) is a Tokyo-based photographer. After graduating from Chiba University in 1963, Araki became a commercial photographer for the advertising company Dentsu. In 1971, Araki published Sentimental Journey, a highly acclaimed photobook taken during his honeymoon with his bride Yoko. He resigned from Dentsu the following year and began his practice as a freelance photographer. He is most famous for his photographic works that portray the dialogues between him and the female subjects he captures, which permeate with an intense air of Eros and Thanatos. He has continued to vigorously publish over 520 books of his works, and has simultaneously held numerous exhibitions both throughout Japan and abroad. Araki is recognized internationally as one of the leading figures of post-war Japanese photography. Solo exhibitions include “Sentimental Journey 1971-2017-,” the Tokyo Photographic Art Museum, Tokyo (2017); “Araki,” the Musée National des Arts Asiatiques Guimet, Paris (2016); “Ōjō Shashū: Photography for the Afterlife – Faces, Skyscapes, Roads,” the Toyota Municipal Museum of Art (2014); “Nobuyoshi Araki Photobook Exhibition: Arākī,” the IZU PHOTO MUSEUM, Shizuoka (2012); “NOBUYOSHI ARAKI: Self, Life, Death,” Barbican Art Gallery, London (2005). Araki is a recipient of The Photographic Society of Japan Annual Award (1990), the Austrian Decoration of Honor for Science and Arts (2008) and the 54th Mainichi Art Award (2012).




******************************

2021年9月4日(土)– 10月10日(日)

営業時間: 11:00 – 19:00
定休日: 月曜日

Shops 4A & 4B, UG/F, Bo Fung Mansion, No.1 St. Francis Yard, Wan Chai, Hong Kong





# by higashikawa_blog | 2021-09-04 15:39 | 受賞作家関連

奥山淳志氏 写真展「動物たちの家」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Titleにて、奥山淳志氏の写真展が始まりました。


動物たちの家

奥山淳志氏 写真展「動物たちの家」_b0187229_15322494.jpg
©奥山淳志


以下リンクより

『動物たちの家』のこと

昨年のちょうど今頃だろうか。遠い記憶の奥底に手を伸ばすようにして文章を書きはじめた。主な内容は子供の頃に飼っていた犬、鳩、ハムスター、インコといった動物たちについてで、いわば「動物たちとの日々」とでも呼ぶべきものだった。

書いていてずっと頭にあったのは、動物たちに向かう感情の源と行方だ。ふかふかな毛並みや羽毛に包まれ、きらきらと光る瞳を持った小さな動物たちは、存在すべてが奇跡そのものだ。なぜ、この手で抱きしめたいのか、存在のすべてを求めるのか、言葉が生まれる前に惹き寄せられていく。それは一瞬にして心を奪われるような感覚に近い。

しかし、そうやって抱き寄せた動物たちとの日々はやがて終わる。動物たちがいつか去っていくのは絶対の約束だし、この約束が守り遂げられる前に僕たち自身が動物たちから遠ざかっていくこともある。人間にとって動物という存在は忘れ物になっていくこともある。実際、僕自身もそうで多くの動物たちをぞんざいに扱った。

でも動物たちの全身から伝えられたぬくもりは、やがて目を覚ます。あの日、生きていた動物たちの存在感は、火種のように小さくも強い炎を僕の胸の中で灯し続けてきたように思う。それは生命を持つもの、動物に触れた先でしか得ることができない感覚だと思う。

そして動物たちが灯す存在感は記憶のなかにだけあるものではない。ずっとつながっているとしか、あるいは今も求め続けているとしか言いようがないのだが、僕の日々には常に動物たちの存在があって、過去に覚えたあの感覚が新しい息吹をまとい続けているという実感がある。動物たちとの新しい過去と懐かしい現在。そこに見出したかったのは、生命持つものの存在の行方だったような気がする。

あの日、僕の腕の中から去っていった動物たちや新たに出会った動物たちのことを今の僕が思い起こし、『動物たちの家』という名で書き綴ったものは、そういうものだった。

2021年7月28日 奥山淳志


□展示内容
『動物たちの家』に収録している写真を中心に未収録作品を加えて展示。
※作家の暗室で制作された発色現像方式印画によるオリジナル・プリント約20点展示予定。
※展示期間中に『動物たちの家』をお買い上げの方には、特典として作家制作によるオリジナルフォトカード3種をプレゼントいたします。


****************************

2021年9月4日(土)ー 2021年9月23日(木)

12:00 - 19:30(日曜日は19時まで) 水曜・第三火曜日定休

Title 〒167-0034 東京都杉並区桃井1-5-2








# by higashikawa_blog | 2021-09-04 15:34

瀬戸正人氏 展覧会「Last Film」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Place Mにて、瀬戸正人氏の展覧会が開催されます。


Last Film

瀬戸正人氏 展覧会「Last Film」_b0187229_15283774.jpg
©瀬戸正人


****************************
2021.09.06 - 2021.09.12
12:00―19:00/年中無休
東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F




# by higashikawa_blog | 2021-09-04 15:29 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30