東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

杉本博司氏 展覧会「Hiroshi Sugimoto:Five Elements」


第11回東川賞国内作家賞を受賞された杉本博司氏の展覧会「Hiroshi Sugimoto:Five Elements」が、ギャラリー小柳にて開催中です!!

「Hiroshi Sugimoto:Five Elements」

b0187229_15314364.jpg


























©Hiroshi Sugimoto

Five Elementsとは、仏教経典の中で世界の構成要素とされる五大、すなわち地・水・火・風・空のことを指しています。その五大は、平安期に日本で独特の発展を遂げた舎利塔の造形、五輪塔の形のもととなりました。釈尊の舎利容器がそのまま宇宙を表現するというその抽象的な表現は、おのずから数学的な形態をとることとなり、地は方形、水は球形、火は三角形、風は半円形、空は宝珠形となりました。杉本さんはその五輪塔を光学硝子で成型し、釈尊の舎利の代わりに、自作の海景フィルムを納めました。杉本さんはこう言っています。「数学は世界を数字に置き換えて表現しようとする。世界を数学的に理解しようとする心のありようは、私には美と信仰の問題へと先祖帰りしていってしまう。しかし私には、今、帰依すべき対象となるような偶像を持たない。神も仏も去ってしまった現代に取り残された私にとって、その対象がかろうじてあるとすれば、それは私の意識の源である、あの海景なのだ。私は五輪塔を光学硝子で作り、その水球のなかに海景を納めた。」


*******************
会期:2012年4月3日(火)~6月23日(土)
時間:12:00~19:00 日月祝は休廊
会場:ギャラリー小柳
   東京都中央区銀座1-7-5小柳ビル8F
ホームページ:http://www.gallerykoyanagi.com/exhibition.html

作家ホームページ:http://www.sugimotohiroshi.com/

是非お運びください!!
[PR]
# by higashikawa_blog | 2012-04-10 15:41 | 受賞作家関連

山崎博氏 展覧会「写真的事件」


東川賞審査委員の山崎博氏の展覧会「写真的事件」が、GALLERY 360°にて開催されます!!

「写真的事件」
b0187229_13174752.jpg











©Hiroshi Yamazaki


以下ギャラリーHPより

山崎 博は、’70年代初頭より数々の実験的な写真作品や映像を発表してきました。それらの作品はジャンルを超え、美術界全体に大きな衝撃を与えました。その多彩で独創的な山崎の仕事は一つの事件だった。
本展は、山崎の代表的な連作「ヘリオグラフィー」を含む約30点を展示いたします。

<トークイベント>
4月21日(土)トークイベント:山崎博、ホンマタカシ、光田由里 (敬称略)
       参加費:500円、定員:50名

<出版>
展覧会を記念し、「ヘリオグラフィー」の印刷物を出版します。
A4サイズ オフセット印刷 7枚+山崎 博「ノート」1枚、計8枚、封筒入り.300部限定

*********************
「写真的事件」
会期:4月10日(火)~5月10日(木)
時間:12:00~19:00 日祝休
会場:GALLERY 360°
   〒107-0062 港区南青山5-1-27-2F
ホームページ:http://www.360.co.jp/index.html

お近くの際はお運びください!!
[PR]
# by higashikawa_blog | 2012-04-09 13:24 | その他お知らせ

荒木経惟氏 グループ展参加のお知らせ


ZEIT-FOTO SALONにて開催されるコレクション展「Collection箱の中より」に、第7回東川賞国内作家賞受賞作家である荒木経惟氏の作品が出品されます。

<出品作家>
荒木 経惟 / 森山 大道 / Ansel Adams/ Bill Brandt / Brassai
Emmanuel Sougez / Eugene Atget / Francis Haar
Henri Cartier / Man Ray / Pierre Gassmann / Willy Ronis など


ツァイト・フォト コレクション 展「 Collection箱の中より 」
会期:2012年4月10日(火)~5月12日(土) 
休廊:日・月・祝日
時間:10:30~18:30(土~17:30)
会場:ZEIT-FOTO SALON
   〒104-0031 東京都中央区京橋1-10-5 松本ビル4F
ホームページ:http://www.zeit-foto.com/index.html


是非お運びください!!!
[PR]
# by higashikawa_blog | 2012-04-08 14:24 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「荒木経惟写真集展」


第7回東川賞国内作家賞受賞作家である荒木経惟氏の展覧会「荒木経惟写真集展」が、IZU PHOTO MUSEUMにて開催中です!!

b0187229_1222837.jpg




































以下、美術館HPより

荒木経惟はその写真家人生において、これまで実に400冊以上に及ぶ写真集を制作してきました。これは世界的にも他に類を見ないことであり、写真集こそ写真家としての活動の核であるという荒木の信念に基づいたものです。また、「アナーキーになりたくてアラーキーと名付けた」という荒木は、その最初期から過激なヌード写真を発表するなど、常にセンセーショナルな話題をふりまき、世間の注目を集めてきました。
大量の写真集を途切れなく出版し続けながら、それまでカメラの背後に隠れていた撮影者の姿をもメディアに露出することで、カメラマンでもアーティストでもない「写真家」と呼ばれる存在を確立し、定着させました。
本展では荒木が1960年代に制作したスクラップブックから最新刊にいたる400冊以上の写真集のほぼ全てを来館者が直接手に取ることが出来るように展示いたします。紙やインクに触れ、臭いをかぎ、ページをめくるという体験を通して、通常の写真展だけでは捉えがたい「アラーキー」の全貌に迫り、日本の写真文化や出版文化の独自性を肌で感じることができます。

<トークイベント>
「『荒木本!』のマンダラ宇宙」
 荒木経惟 × 飯沢耕太郎(写真評論家)

日時:6 月10 日( 日) 14:30—16:00
会場:クレマチスの丘ホール(美術館より徒歩2 分)
受付:クレマチスの丘チケットセンター(当日10:00 より)
料金:展覧会入場料に含まれます。(当日観覧券が必要です。)
定員:150 名
参加方法:お電話にてお申し込みください。(Tel. 055-989-8780)


***********************
「荒木経惟写真集展」
会期:2012年3月11日(日)~7月22日(日)休館日:水曜日
時間:10:00~17:00(3月)/10:00~18:00(4月~7月)
   *最終入館は閉館の30分前まで
会場:IZU PHOTO MUSEUM
   411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
入場料:大人800円/高・大学生400円/中学生以下無料
美術館HP:http://www.izuphoto-museum.jp

作家HP:http://www.arakinobuyoshi.com/main.html


是非お運びください!!!
[PR]
# by higashikawa_blog | 2012-04-06 12:11 | 受賞作家関連

中村征夫氏 展覧会「クジラ舞う海」


第12回東川賞特別作家賞受賞作家である中村征夫氏が、4月6日より中村征夫フォトギャラリー・ブルーホールにて展覧会「クジラ舞う海」を開催いたします。

「クジラ舞う海」
b0187229_14252444.jpg












©NIkuo NAKAMURA


以下ブルーホールHPより

本展では地球最大の哺乳動物・クジラをはじめとする海の巨大生物を展示いたします。
幅13m×高さ4m、等身大のクジラはトンガ王国で撮影したザトウクジラの母子です。母の下に隠れる子クジラでも3mほど。クジラの母性愛は大変強いことで知られていますが、子クジラにちょっかいを出すと、母クジラはたちどころに襲ってきます。中には遊び好きな子クジラもいて、私に触れんばかりに近寄ってくると、下から見上げる母クジラの静かで力強いまなざしは「我が子に何もしないでね」と訴えかけているようでした。
魚類最大の魚・ジンベエザメはハワイ・マウイ島沖で撮影しました。体長8mのジンベエザメは振り向いた瞬間、飲み込まれるほどの至近距離に迫ってきており、私は水中で失神してしまいました。ところが、無意識のうちに指先だけが動いてシャッターを切っていた、という類い稀な1枚です。そのほかに、オーストラリア・レディエリオット島のオニイトマキエイ(マンタ)、エジプト・紅海のナポレオンなど、海中を悠然と泳ぎ回る巨大生物たちの迫力ある姿を存分にご覧ください。
                                              中村征夫

******************
「クジラ舞う海」
会期:2012年4月6日(金)〜 7月1日(日)
時間:10:00-16:30(最終入館 16:00)
入場料:一般300円 中高生100円 小学生以下無料
会場:フォトギャラリー ブルーホール
   〒018-1504 秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1 小玉醸造株式会社内
tel 018-877-5772 fax 018-877-2104
ホームページ:http://www.bluehole.or.jp/index.php
作家公式ページ http://www.squall.co.jp/


お近くの際はぜひお運びください!!
[PR]
# by higashikawa_blog | 2012-04-05 14:33 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30