人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

杉浦邦恵氏 展覧会「絵と写真は塩と胡椒みたいだね」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ZEIT-FOTO kunitachiにて、杉浦邦恵氏の展覧会が開催中です。


絵と写真は塩と胡椒みたいだね

杉浦邦恵氏 展覧会「絵と写真は塩と胡椒みたいだね」_b0187229_15355709.png


以下リンクより

“私は2次元で、金属や木材の彫刻なんかと比べて小さくて、いつでも見ていられて、コンピューターなんかに入ってなくて、目の前にある、絵や写真は貴重な精神的糧だと思うのです”

杉浦邦恵

 この度、2022年10月21日より杉浦邦恵展「絵と写真は塩と胡椒みたいだね」を開催いたします。杉浦による大小さまざまな絵と写真による作品を展示いたします。

 長い間、ニューヨークで暮らす杉浦にとって、ツァイト・フォトは日本でのホームのひとつでした。オーナーの石原悦郎がいなくなったいまでも、こうしてツァイトで展示ができることは素朴に嬉しいことです。ここでは気兼ねなくくつろいでもらいたい、と思いながら提案されたこのタイトルは、杉浦邦恵らしさの詰まったものでした。

 日々の食卓にならぶ塩と胡椒の例えは、チャーミングで親しみを覚える杉浦邦恵という人、そのものを連想させます。一方で杉浦邦恵の作品は、あえていうなら抽象で、例えば草花のような存在もシルエットとして表現されます。杉浦に見えているかたちで世界を見ると、それは驚くべき姿として再出現するのです。つまり、彼女に感じる比類ない優しさと、作品が私たちに突きつける新しいビジュアルとの間には隔たりがあり、そこには緊張感が生まれます。ですが、それは心地のよい緊張感です。だからこそ、もっと杉浦邦恵を知りたいという気持ちが何度も掻き立てられてきたのだと思います。

 絵や写真は「精神的糧」であると、杉浦は言います。もしも生きることに厳しさや困難さを感じていなければ、人は精神的な糧を求めることはしないのかもしれません。それを例えていうなら、塩と胡椒というありふれたものとして語ってしまう杉浦の作品には、耐え難い孤独や息苦しさを抱えている時も、モノを食べながら生きていく人間の、どうしようもなさをまるごと受け止めるような器の大きさがあります。それが彼女の作品を心地よく感じる理由なのかもしれません。

 旧石原邸をリノベーションしたツァイト・フォト・国立での展示空間で、ぜひ、杉浦邦恵のある日常を想像してみてください。「精神的糧」との出会いが見つかることを願っています。



***************************

2022年10月21日(金)ー11月 19日(土)

金曜日 15:00 ~ 20:00

土曜日 11:00 ~ 18:00

火・水・木曜日はアポイントメントのみ ​

日・月曜日 祝日休廊

ZEIT-FOTO kunitachi
186-0004 東京都国立市中2-22-33



# by higashikawa_blog | 2022-11-06 15:40 | 受賞作家関連

展覧会「銀座奥野ビル90周年を写真で記念する」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

銀座奥野ビル306号室プロジェクトにて開催される展覧会「銀座奥野ビル90周年を写真で記念する」に、今道子氏が出展いたします。


銀座奥野ビル90周年を写真で記念する

下記リンクより

昭和7年(1932年)に竣工された奥野ビルは今年で90周年を迎えま す。元スダ美容室だった部屋を保存し、その時間軸を素朴に伝えていく 私たち「306号室プロジェクト」 も、 長年お世話になっています。
この度、奥野ビルの記憶の断片を写真として残していこうというささ やかな企画が持ち上がり、 2年後の夏に同じ階にあるギャラリー 「巷 房」さんとの共催で写真展を計画しています。 それぞれにゆかりのある 写真家が参加するものですが、 「中央区まるごとミュージアム」での 306号室展示では、 その一部を数点展示させていただくことになりまし た。今回は306号室会員から今道子、藤田浩司、 大西みつぐの3人が参 加します。また、 13日の 「奥野ビル」の歴史に関連した物品展示に呼 応し藤田浩司さんが撮影します。

今道子、藤田浩司、 大西みつぐ

展示作品数 7点~9点


**************************
2022年11月9日(水)〜13日(日)
銀座奥野ビル306号室プロジェクト
東京都中央区銀座1− 9−8 奥野ビル306号室



# by higashikawa_blog | 2022-11-06 15:32 | 受賞作家関連

石川竜一さん 展覧会「森石川山水図」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

空蓮房にて、石川竜一 X 森ナナによる2人展が開催中です。

森石川山水図

石川竜一さん 展覧会「森石川山水図」_b0187229_08374146.png


以下リンクより

空蓮房では、「森石川山水図」展を開催いたします。

本展は、大倉佑亮をキュレーターとして迎え、書家・森 ナナと、写真家・石川竜一を出展作家に、現代の「山水」を探る展覧会です。
2021年、東京・The 5th Floorで開催された「絶景の瞬間」展に続き、2回目の共同プロジェクトです。

自然なるものを代表する「山」「水」という二字を連ねた「山水」は、その意味や表象が、時代や場所によって変化してきました。古代中国から脈々と続く山水思想は、様々な文化と関わり合い、山水詩や、水墨山水画などの東洋芸術を生み出してきました。
山水――自然なるもの――の奥に隠されている根源的感覚を直観するその感受性は、現代に生きる私たちにも受け継がれていると思います。

「森石川山水図」では、森と石川の同時代作品にある山水感覚を、空蓮房の瞑想の場で探ります。
展示される森と石川の作品は、近年発表された、いのちあるものの生死に真正面から向き合う経験を通し制作されたシリーズに加え、本展のために共同制作した「森石川山水図」も発表いたします。

写真と書という異なる表現手段から出発し、別々に展開されてきたふたりの同時代作品をひとつの場に交差させることで、自然と人間の関係を問い直し、混迷極まる今を生きぬく力になるような野性から古くて新しい「山水」を感覚していただけたら幸いです。

空蓮房




石川竜一

1984年沖縄県生まれ、沖縄国際大学社会文化学科卒業。在学中に写真と出会う。
2014年に沖縄の人々や身近な環境で撮影したスナップを纏めた『okinawan portraits 2010-2012』『絶景のポリフォニー』を発表し、木村伊兵衛賞、日本写真協会新人賞、沖縄タイムス芸術選奨奨励賞を受賞。日常のスナップやポートレイトを中心に現代の矛盾と混沌に向き合いつつも、そこから光を探るような作品を発表し、活動の場を日本国内外に広げ、その内容もビデオ作品や他ジャンルのアーティストとの共作、ミュージシャンとのセッションなど多岐にわたる。

森 ナナ

1990年 福岡県生まれ。書家の家庭に生まれ、幼少期より書に親しむ。2016年 東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修了。
個展に「瞬間」PURPLE(京都 2022年)、「Nucleus」KANAKAWANISHI GALLERY(東京 2018年)、参加した展覧会に「瀬戸内国際芸術祭」粟島(香川 2022年)、石川竜一+森 ナナ展「絶景の瞬間」The 5th Floor(東京 2021年)、「美大生展」SEZON ART GALLERY(東京 2016年)など。

大倉佑亮

1988年 兵庫県生まれ、京都市在住。京都大学総合人間学部 創造行為論専修 卒業。
寳幢寺僧院長/武術家、松波龍源師に師事し、仏教哲学としての太極拳を身体を通して学ぶ。現在、京都芸術大学美術工芸学科日本画コース非常勤講師や、国際芸術祭の企画・運営も務める。企画・キュレーションした展覧会に、石川竜一+森 ナナ展「絶景の瞬間」The 5th Floor(東京 2021年)、森 ナナ展「瞬間」PURPLE(京都 2022年)がある。




****************************

2022年10月26日(水)〜 12月9日(金)

* 水・木・金午前10時〜午後3時開廊(法務重ならない限りは土日も可) 
* E-Mailでの事前予約制。日時・人数をご予約ください。(前日、当日の予約はご遠慮ください)
* 基本1人1時間迄の入場(2人の場合は1時間の中で交代)
* 賽銭制
〒111-0051 東京都台東区蔵前4-17-14 長応院内





# by higashikawa_blog | 2022-11-04 08:39 | フォトフレンド

展覧会「SCHEHERAZADE, AT NIGHT」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

PALAIS DE TOKYOにて開催中の展覧会「SCHEHERAZADE, AT NIGHT」に、志賀理江子氏が出展しております。


SCHEHERAZADE, AT NIGHT

展覧会「SCHEHERAZADE, AT NIGHT」_b0187229_08332308.png


Oh happy audience, it is said that in a world gripped by multiple crises, artists write fictions inspired by the realities in which they live. These fictions are seen as critical tools for emancipation in the face of the many systems of oppression and exploitation that still constitute the matrix through which we act and think. It is said that they try to retell through myths and fables the beliefs and desires that animate us so as to bring forth other worlds and create new futures both individual and collective.

In the works of these artists, an activist android discusses sexuality with transgenic soya plants, an island free of any human trace emerges from the ocean off the coast of contaminated territory, were-tigers pounce upon colonial domination, a tender fire eats away at silence, politicians are become endowed with empathy… Weaving narratives like so many baskets, they experiment with the potential for transforming reality through fiction and invite us to equip ourselves with a new imaginary of power that ensures a better capacity for taking action in and against our current social forms.

If, as a French sage declared in 1966, “the narratives of the world are innumerable1”, in the age of state-sponsored lies and alternative facts, of post-truth and storytelling management, it is said that these artists attempt to use their own (counter) narratives to actively break with the narratives of domination. It is said that they live in Singapore, Basse-Terre, Lisbon, Miyagi or Paris, but that their place in the world depends at least as much on their inclusion in entangled historical and narrative webs as it does on any geographical location. It is said that they dream of their cousin Scheherazade, who each night interweaves stories from the most absolute fantasy to the crudest realism in order to distract Sultan Shahryar from the disastrous project he has undertaken: to marry a virgin every night before having her executed at dawn so as to put an end to the whole of humanity. Telling stories to cheat death, today as in the past.

This determined fighter with her thousand and one rhetorical and literary tricks has left behind a dynamic that persists and which allows her to cross territories and eras, an energy which could be called the Scheherazade function: that which opposes the destructive scenario of a predatory, murderous and authoritarian king with a set of stories that promise to reverse the course of history. This is because Scheherazade and the artists who follow her make detours, stray from the beaten track, and fabricate social realities more than they look to represent them. What is at stake is no less than survival itself in the face of hegemonic words and controlling fictions that seek to impose themselves on as many people as possible, leading them straight into catastrophe for the benefit of a select few.

Considering history as a construction site, one that is incessantly ransacked and reinvented, these artists oppose the powers of fiction to the fictions of power in an explicitly political confrontation. Their recourse to fiction, myth and fabulation is not to be considered here as a flight from reality or an easy escape route, but rather as a simultaneously weakening and reinforcing reality as a means of making and transforming beings and worlds. Faced with the omnipotence of rational thought and epistemological systems inherited from Western modernity, the works presented in the exhibition encourage us to take into account a multiplicity of perspectives. They attest to and invent a reality wherein historical facts, myth, political analysis, animism and the marvellous intermingle indistinctly, accommodating different modes of transmission and knowledge creation.

“How can a film of social intervention be made when one wishes to film wonderful stories? And how to film timeless fables when you are committed to the present?” These are the questions asked by filmmaker Miguel Gomes in the prologue to his contemporary adaptation of The Arabian Nights (2015). These crucial questions, which this group exhibition entitled Scheherazade, at night seeks to address, are at the heart of the practice of artists around the world who engage with the chaos of the contemporary world through the political powers of narrative and the imaginary.

The exhibition, which takes place on level 1 of the Palais de Tokyo, brings together works by six artists: Minia Biabiany (born in 1988, Basse-Terre, Guadeloupe), Miguel Gomes (b. 1972, Lisbon, Portugal), Ho Tzu Nyen (b. 1976, Singapore), Pedro Neves Marques (b. 1984, Lisbon, Portugal), Lieko Shiga (b. 1980, Okazaki, Japan) and Ana Vaz (b. 1986, Brasilia, Brazil).

It is articulated around a series of solo exhibitions that respond to one other and constitute so many porous chapters between different geopolitical contexts: from Europe to Brazil, from the Caribbean to Japan and Southeast Asia. It is also accompanied by a cultural programme, a series of screenings and an issue of PALAIS magazine #34 offering a theoretical background and literary perspectives to complete the experience of the works.

As the sun rises, Scheherazade falls silent.



******************************

FROM 19/10/2022 TO 08/01/2023

PALAIS DE TOKYO







# by higashikawa_blog | 2022-11-04 08:34 | 受賞作家関連

楢橋朝子氏 展覧会「N/A」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ビジュアルアーツギャラリー大阪にて、楢橋朝子氏の展覧会が開催中です。


N/A

楢橋朝子氏 展覧会「N/A」_b0187229_09343922.png
楢橋朝子氏 展覧会「N/A」_b0187229_09353582.png

*******************************
2022年10月16日〜11月11日 会期中無休
ビジュアルアーツギャラリー大阪
〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目5−23




# by higashikawa_blog | 2022-11-01 09:37 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30