東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

綿谷修氏 個展「Icon」



本日よりタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、第22回東川賞特別作家賞を受賞した綿谷修氏の個展が開催されております!!

「Icon」

b0187229_13331011.jpg













©Osamu Wataya


以下ギャラリーHPより

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィ―/フィルムは、6月22日(金)から7月21日(土)まで、綿谷修個展「Icon」を開催いたします。「Icon」は、2010年に発表された作品シリーズ「Juvenile」にて、幼年と成人の間で揺らぐジュヴナイル(年少)の時代を生きる少年/少女(世界の様々な場所に張りめぐらされた「アイコン」に対して独特の距離感を保つ存在)を捉えた綿谷が、「アイコン」そのものへのアプローチを試みた最新作です。


「アイコン」とは、人間のあり方に原型をもたらしてくれるものです。誰もがそこから、ある感情やイメージを身近に思い起こさせられ、集団としてのインスピレーション、そして神話的でもあるのです。もともとアイコンとは、古代ギリシャの神々や古代エジプトの死者、そしてキリスト教の神や天使の図像を指す言葉です。子どもたちや素朴な人たちにとって、神々たちのそうした具象的なイメージは受け入れやすいものであると同時に、むしろ必要なものでもあったはずです。
アイコンはまた、忠誠心、権力、愛国主義、憧れ、そしてパラノイアなどを呼び起こすものでもあります。そして、アイコンが身に纏う色も、勝利、真実、純粋など、様々な意味を秘めています。アメリカのカウボーイや星条旗はそうした意味で、アイコンの最たるものだと言えるでしょう。
目に見える形、すなわちフォルムこそがアイコンの原理です。時には、実在するものであってもそのフォルムは一瞬にして消えてゆき、残像が写真になった途端に写真のもつ特性に近づいてくるわけです。裸眼で見ることのできないカウボーイのぶれたイメージ、それは私にとって理想的フォルムとも言えるアイコンの写真なのです。つまり、鏡に映した姿のようなものなのです。

綿谷修
2012年4月

意図的にブレた構図を特徴に、カウボーイや星条旗といったクリシェが「アイコン」として機能していくメカニズムを明かすようでもある綿谷修の最新作を、この機会に是非ご高覧ください。なお、展覧会と合わせまして、ラットホールギャラリーより作品集『Icon』が刊行されます。

作品集詳細
『Icon』 ラットホールギャラリー刊
販売価格:¥3,000-(税別)、32頁、H242 x W305 mm、2012年6月上旬刊行予定

*********************
会期:2012年6月22日(金) - 7月21日(土)
時間:11:00 - 19:00
休廊:日・月・祝祭日
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
   106-0032 東京都港区六本木6-6-9 2F
リンク:http://www.takaishiigallery.com/jp/exhibitions/2012/icon/

是非お運びください!!
# by higashikawa_blog | 2012-06-22 13:38 | 受賞作家関連

澤田知子氏 展覧会「Factory Direct: Pittsburgh」

ピッツバーグにある倉庫にて、アンディウォーホール美術館主催で行われる展覧会 「Factory Direct: Pittsburgh」に、東川賞受賞作家 澤田知子氏が参加いたします!!

b0187229_13181696.jpg


















©Tomoko Sawada

<出品作家>
Chakaia Booker (USA)
Dee Briggs (USA)
Thorsten Brinkmann (Germany)
Jeanette Doyle (Ireland)
Fabrizio Gerbino(Italy)
Ann Hamilton (USA)
William Earl Kofmehl III (USA)
Ryan McGinness (USA)
Mark Neville (Scotland)
Sarah Oppenheimer
Edgar Orlaineta (Mexico)
ORLAN (France)
Tomoko Sawada (Japan)
Todd Eberle (USA)

***********************
会期:2012年6月24日〜9月9日
時間:10:00-14:00(火〜日)
会場:Guardian Self Storage
   Guardian Self-Storage Building, 2839 Liberty Ave. Pittsburgh, PA 15222 • 412-567-6227
   http://www.guardianstorage.com/
リンク:http://www.warhol.org/webcalendar/event.aspx?id=6345

お近くの際は是非!!
# by higashikawa_blog | 2012-06-22 13:29 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー展示情報


東川町文化ギャラリーで開催中の写真展情報です。

創立25周年 日本写真家連盟展「四季の彩り」


b0187229_1602060.jpg
















四季折々日本の美をとらえた会心の風景写真を展示します。
同時に、第1回公募展 入賞・入選作品 35点も展示します。

●日本写真家連盟写真展開催案内のページ
http://www6.ocn.ne.jp/~pfj/page2.html

期間:2012.6/19(火)~29(日)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

【次回予告】
7/1(日)~19(木)
・東京写真月間2012
・キヤノンフォトクラブ札幌会員展「北海道の情景~冬・春夏秋冬~」
# by higashikawa_blog | 2012-06-21 16:04 | 東川町

 写真甲子園2012 本戦出場校発表!

 写真甲子園2012 本戦出場校発表!!!

応募数454校の中から、初戦を突破した本戦出場18校が選ばれました!!

b0187229_162293.png






b0187229_1644663.png





























↑クリックで拡大できます!


写真甲子園HPより、応募作品もご覧いただけます!!
http://syakou.jp/2012/firstresult.html



本戦会期:2012年7/24(火) 〜7/27(金)


【主  催】写真甲子園実行委員会
《構成団体》東川町/美瑛町/上富良野町/東神楽町/旭川市/北海道新聞社/全国新聞社事業協議会
      東川町写真の町実行委員会
【後  援】文部科学省/北海道/北海道教育委員会/社団法人全国高等学校文化連盟/北海道高等学校文化連盟
      共同通信社/NHK
【特別協賛】キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
【協  賛】マイクロン テクノロジー基金/北海道環境福祉専門学校/旭川福祉専門学校
【協  力】株式会社朝日新聞出版 アサヒカメラ/株式会社モーターマガジン社 カメラマン
      株式会社学研パブリッシング CAPA
      株式会社インプレスジャパン デジタルカメラマガジン/株式会社日本カメラ社 日本カメラ
      株式会社日本写真企画 フォトコン
      株式会社玄光社 フォトテクニックデジタル/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
      株式会社スタート・ラボ That’s
      北海道コカ・コーラボトリング株式会社/株式会社NTTドコモ北海道支社旭川支店/HJK株式会社
      花本建設株式会社/一般社団法人日本写真映像用品工業会
# by higashikawa_blog | 2012-06-18 16:13 | 写真甲子園

トークイベントのお知らせ!!


写真を巡る連続トーク「i-love-photography -talk and walk-」にて、東川賞受賞作家の今道子氏と繰上和美氏、そして東川賞審査員の光田由里氏がトークを行います。

i-love-photography -talk and walk-

b0187229_22533897.jpg



































社会のフィジカルな変容は、写真界にも影響をもたらし、写真とかかわる人々に、さまざまな意識変化をもたらしています。
 世界各地で大小のフォトフェスティバルやフォトブックのフェアが次々とたちあげられています。インターネットを活用すれば、個人が市場を育てることも可能になりました。自由な独立精神をもった、若いインデペンデント・パブリッシャーたちの活動が活性化しています。2011年秋に15回めを迎えた、世界最大のフォトアートフェスティバルであるパリ・フォトは、過去最高の動員と売上を遂げました。
 日本の写真表現への世界的な期待は、さらに高まっています。ワールドワイドな人気をもつ日本人写真家の活躍も目立ちます。台湾や韓国、そして中国……アジア全体のスピーディな動向もみのがせません。一方で、海外から日本写真の情報を入手することは、意外に困難であり、現在進行形の情報が求められています。

 この連続トークは、世界に発信する言葉をつむぎだします。写真家を中心に、日本写真と根深くかかわっている人々の生の言葉を、ひとつのシンプルな原則にのっとって、引き出していきます。ものをつくる人たちにとって、いちばん重要なのは「今」です。
 そこでトークは、まず、最新の活動をフォーカスします。そして、なぜここに至ったか、という視点で、これまでの作品を巨大スクリーンに上映しながら、過去へ過去へとたどっていきます。
 会場の人々と共有された声は、文字に起こし英訳され、ヴィジュアルとともに書籍にまとめ、世界のフォトフェスティバルやブックフェアで発表していきます。

 時々刻々とうつろう世界を知る道しるべとして、エンターテイメントとして、学びの一環として。写真表現が、生活と一体化し、さらに裾野を拡げていくことをめざします。


<スケジュール>

7月5日 THU
町口覚(アートディレクター)+本尾久子(キュレータ) 18:30-20:30❶
7月7日 SAT
大森克己(写真家) 15:00-17:00❷
蜷川実花(写真家) 18:00-20:00❸
7月11日 WED
佐内正史(写真家) 18:30-20:30❹
7月12日 THU
光田由里(松濤美術館学芸員)+石田克哉(ギャラリーMEM) 18:30-20:30❺
7月16日 MON祝
長島有里枝(写真家) 13:30-15:00❻
都築響一(写真家・編集者)18:30-20:30❼
7月18日 WED
姫野希美(赤々舎)18:30-20:30❽
7月19日 THU
野村浩(写真家)+今井智己(写真家)18:30-20:30❾
7月21日 SAT
森山大道(写真家)15:00-17:00❿
操上和美(写真家)18:00-20:00⓫
7月25日 WED
野村佐紀子(写真家)18:30-20:30⓬
7月26日 THU
大竹昭子(文筆家・写真家)+アイヴァン・ヴァルタニアン(編集者) 18:30-20:30⓭
7月28日 SAT
インポッシブル(インスタンアナログフィルムによるワークショップ) 15:00-17:00⓮
今道子(写真家)18:00-20:00⓯

※各回の開場時間は開演の30分前


**********************
実施期間:2012年7月5日~7月28日
     各回2時間
     平日  18:30~
     土・祝 15:00~/18:00~
参加料:通期参加(全15回) 一般18,000円/学生12,000円
     1日参加 3,000円 ※7日❷❸、16日❻❼、21日❿⓫、28日⓮⓯
     単回参加 2,000円
申し込み:E-mail:talk@eyesencia.com
     Tel:03-5459-5091(IMPOSSIBLE TOKYO KK)
主催:eyesencia, IMPOSSIBLE TOKYO KK 協力:装苑、文化服装学院
リンク:http://i-love-photo.eyesencia.com/
# by higashikawa_blog | 2012-06-16 23:13 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31