東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

オノデラユキ氏 グループ展「La ferme des animaux」


第17回東川賞新人作家賞、第27回東川賞国内作家賞を受賞したオノデラユキ氏が、パリで開催中のグループ展に参加しております!!

「La ferme des animaux」

b0187229_18381293.jpg

b0187229_18382548.jpg




















































*******************
会期:2012年5月15日(火)ー 6月23日(土)
時間:17:00 - 20:00
会場:Galerie Francoise Paviot
   57 rue Sainte Anne - 75002 PARIS
リンク:http://www.paviotfoto.com

お近くにお寄りの際は是非お運びください!!!
# by higashikawa_blog | 2012-05-17 18:43 | 受賞作家関連

第28回東川賞新人作家賞受賞作家 志賀理江子氏展覧会のお知らせ

本年度の東川賞新人作家賞を受賞されました 志賀理江子氏が、ポーランドにて行われる「photomonth in Krakow May 2012」に出品いたします!!

「photomonth in Krakow May 2012」

b0187229_1319431.jpg













b0187229_13291178.jpg
















©Lieko Shiga


会期:2012.5/18-6/17 (6/7は休館)
時間:火曜〜日曜 10時-18時
会場:Manggha Center of Japanese Art. and Technology, ul. Konopnickiej 26
リンクページ:http://photomonth.com/index.php/en/page/301/lieko-shiga.html


********************

「いまださめぬ-写真の儀式」

b0187229_1350546.jpg













京都精華大学にて行われるアセンブリーアワー講演会で、写真制作についてのトークイベントがあります。

講師:志賀 理江子
日時:2012年5月17日(木)16:20 ~ 17:50
会場:京都精華大学 漆明館L-101
   〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
申込:不要(無料・先着順)
リンクページ:http://www.kyoto-seika.ac.jp/assembly/index.html

作家HPhttp://www.liekoshiga.com/

是非お運びください!!!
# by higashikawa_blog | 2012-05-16 14:02 | 受賞作家関連

東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ


東京都写真美術館にて開催されている「光の造形~操作された写真~」に、細江英公氏・川田喜久治氏・奈良原一高氏・荒木経惟氏・高梨豊氏・澤田知子氏・志賀理江子氏が出品しています!!

「光の造形~操作された写真~」
b0187229_1384097.jpg

















以下美術館HPより

東京都写真美術館では、当館のコレクションに基づく展覧会「光の造形-操作された写真」を開催いたします。日本語ではphotographyを「写真」(=真を写す)と書きます。写真技術が輸入された頃の幕末の人々は、現実にあるものをそのまま平面に置き換えることできる、この技術を表す言葉として「写真」を選びました。しかしこの単語をそのまま訳すのであれば、photo(光)とgraph(画)で「光画」と訳されるべきだったのかもしれません。「操作した写真」というタイトルから、なにか手を加えて現実をねじ曲げ、偽りの出来事を伝える物というネガティブな印象をうけるかもしれません。しかし「光を利用した画を造る」と書くと印象は随分と変わるのではないでしょうか。本展では、さまざまな目的で、撮った写真をそのままプリントにするだけではなく、その過程で、加える(彩色写真など)、イメージを組み合わせる(コラージュ、フォトモンタージュ、多重露光、リフレクション、雑巾がけ)、切り取る(トリミング)といった技術を使った作品を展示します。
今では、パソコンを使って、即座に出来てしまう技術もありますが、写真が発明されてから、理想の世界を求めて工夫を続けてきた写真作品を通じて、今の時代にも繋がる写真家の思いを受け取ることが出来るでしょう。

<担当学芸員によるフロアレクチャー >
2012年5月25日(金) 16:00~
2012年6月8日(金) 16:00~
2012年6月22日(金) 16:00~
※本展覧会の半券(当日有効)をお持ちの上、会場入り口にお集まりください。

*********************
会期:2012年5月12日 ( 土 ) ~ 7月8日 ( 日 )
時間:10:00-18:00(木・金は20:00まで)
   ※入館は閉館の30分前まで
   ※1Fホールは上映作品毎に異なります。
休館:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円
   ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者
   上記カード会員割引/小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
   東京都写真美術館友の会会員は無料/第3水曜日は65歳以上無料
美術館HP:http://syabi.com/contents/exhibition/index-1597.html

みなさま是非お運びください!!!!!
# by higashikawa_blog | 2012-05-16 13:26 | 受賞作家関連

野町和嘉氏 展覧会「Under Ethiopian Skies」


第13回東川賞国内作家賞受賞作家であり東川賞審査委員である 野町和嘉氏が、キヤノンギャラリー福岡に引き続きキヤノンギャラリー名古屋で展覧会「Under Ethiopian Skies」を開催いたします。

「Under Ethiopian Skies」
b0187229_1429455.jpg

















EOSの頂点を極めるEOS-1D X。作品創造に圧倒的描写力を誇るEOS 5D Mark III。そして、EOSが捉えた一瞬を精緻に再現するPIXUS最上位モデル、PIXUS PRO-1。
写真家・野町和嘉氏がエチオピアで2カ月の長期ロケを敢行。EOS-1D X、EOS 5D Mark IIIの両機で撮影し、選びぬいた作品をPIXUS PRO-1で出力し発表します。
灼熱の砂漠ダナキル、高原の岩窟教会、塩を運ぶ隊商など、悠久の時を超え、現代につながるアフリカ、異境の世界。一枚一枚の作品に息づく、卓越した描写力、再現性を会場でお確かめください。

*********************
会期:2012年5月17日(木)~5月23日(水)
時間:10時~18時(最終日 15時まで)
休館日:日曜、祝日
会場:キヤノンギャラリー名古屋
   名古屋市中区錦 1-11-11 名古屋インターシティ 1F
キヤノンホームページ:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/nomachi-ethiopia/index.html
作家ホームページ:http://www.nomachi.com/

是非お運びください!!
# by higashikawa_blog | 2012-05-15 12:01 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 個展「花ト恋人(コイジン)」


第7回東川賞国内作家賞受賞作家である荒木経惟氏の個展が、渋谷ヒカリエ 8/CUBEにて開催されます。

「花ト恋人(コイジン)」
b0187229_1462116.jpg














©Nobuyoshi Araki


以下ギャラリーHPより

日本を代表する写真家、アラーキーこと荒木経惟のポラロイドによる写真展。
エネルギッシュな活動で常に注目を集め続け、海外でも高い評価を得る荒木は、人が生きることの悦びと哀しみ、その深さを、圧倒的な写真の力で見せてくれます。長年撮り続けてきたポラロイドより選りすぐった1000点、荒木の花と女が渋谷の地に咲き誇ります。

展覧会の会場が荒木の花で埋め尽くされます。
荒木は、新しいことが始まる渋谷に花を捧げ、「新天地」に「新世界」にしたい、
そして、福島に花を捧げ、福島を「楽園」にしたいと語っています。
「花は女であり、女は花である」という荒木。「花は生殖器なんだよ、女も生殖に関係するだろ、今、一番欠けているのがエロ、エロというのは生きる力や悦びだからね。」

荒木は、本展開催中の5月25日に72歳を迎えます。2008年に前立腺がんを患い手術、闘病を経て、ますますパワフルな制作活動を続けるアラーキー。「シャッター音は鼓動、写真を撮ること自体が生活であり、人生」と言う荒木。会場にほとばしる荒木の写真への情熱、そして会場に充満する“生”。長年撮影し続けてきた花と女、ポラロイド1000点による荒木の世界をご覧ください。


**********************
会期:2012年5月16日 - 2012年5月28日
時間:11:00 - 20:00
会場:渋谷ヒカリエ 8/CUBE1, 2, 3
   〒150-8510 東京都渋谷区渋谷 2-21-1 8 階
リンクページ:http://www.hikarie8.com/cube/2012/04/post-2.shtml

是非お運びください!!
# by higashikawa_blog | 2012-05-13 14:10 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31