人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

東川町文化ギャラリー展示情報


東川町文化ギャラリーで開催中の写真展情報です。

・旭正写真愛好会写真展

b0187229_10225889.jpg
















毎年恒例の、旭川の旭正地区の写真愛好会による写真展です。

・第62回アサヒ北海道写真展

b0187229_10241233.jpg
















こちらもこの時期毎年恒例の、全日本写真連盟旭川支部による写真展です。

・山本顕史写真展「ユ キ オ ト」

b0187229_1025343.jpg
















昨年の東川賞国際写真フェスティバルの催しの一つとして開催された、
第1回リコーポートフォリオオーディションにおいてグランプリを受賞された
山本氏による写真展です。


会期:2012.2.1(水)~14(火)※会期中無休
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)

みなさまのご来館お待ちしております。
# by higashikawa_blog | 2012-02-02 10:26 | 東川町

東川賞受賞作家 萩原義弘氏 個展のお知らせ


第26回東川賞特別作家賞を受賞された 萩原義弘氏の個展のお知らせです!!


<ART in HOSPITAL/ART PROMENADE in NISHIWAKI HOSPITAL>

「萩原義弘写真展 / “SNOWY”」

b0187229_2241999.jpg























©Yoshihiro Hagiwara

b0187229_22523620.jpg

























©Yoshihiro Hagiwara

b0187229_22534427.jpg


















西脇病院提供


作家の言葉

1981年10月16日、北海道夕張市の北炭夕張新炭鉱でガス突出事故が起きました。
その半年後に夕張を訪れたのが契機となり、全国の炭鉱や金属鉱山を撮影して25年になります。

炭鉱や鉱山は、明治の近代化に貢献し、戦後復興の原動力となってきました。
しかし、エネルギー政策の転換や円高の影響などで、今ではそのほとんどが閉山に追い込まれています。
山間部や離島などに多い炭鉱や鉱山は、閉山で人々の生活の場がなくなり、やがてゴーストタウンとなり、
地図上から消えた所もあります。
「巨幹残栄」は、閉山となった全国の炭鉱や鉱山を訪ねて撮影したものです。
そこには日本の繁栄の基盤を作り、消えていった産業や人々の生活の痕跡が数多く見られました。
「SNOWY」は痕跡物と雪との造形を表現したものです。自然が作り出す形には、いつも驚かされました。

私が写真を撮ることで、たとえ炭鉱や鉱山の痕跡がなくなってしまっても、僅かでも人々の記憶に残せれ
ばと思っています。

会期:平成24年1月23日(月)から3月2日(金)
会場:西脇市立西脇病院
   〒677-0043 住所 兵庫県西脇市下戸田652番地の1
展示場所:院内アートプロムナード(4・5カ所に分割展示)
ホームページ:http://nshp.jp/

**********

「巨幹残栄」

b0187229_23124858.jpg
























©Yoshihiro Hagiwara

b0187229_23143169.jpg

























©Yoshihiro Hagiwara

b0187229_23152396.jpg

























©Yoshihiro Hagiwara


巨幹残栄

 全国の炭鉱や鉱山跡を訪ねて30年になります。近年は炭鉱などの施設が、産業遺産としての価値が認められ、国の重要文化財や登録有形文化財に指定され保存されたものもあります。また長崎県の軍艦島(端島炭鉱)は、観光の目玉となり、たくさんの人が訪れる人気の島となっています。しかし、その反面多くの施設の老朽化が進み、解体されなくなったり、自然の中に埋もれていったものもあります。
炭鉱や鉱山跡は山間部や離島にあるものが多く、かつて町として賑わっていた所も、閉山で人々が去り、時が経つと自然の勢いが勝り、生活の痕跡を見つけるのがしだいに困難となってきました。特にここ数年、炭鉱跡を訪ねてみてそのことを強く感じます。
私が撮影した写真の中にも、現存しないものがたくさんあります。今回の写真展は写真集「巨幹残栄」の中から選んだものと、改めてネガを見直し、プリントしたものを展示します。


会期:2012年2月3日(金)~25日(土)/日曜・月曜・祝日 休廊
時間:11:00~19:00
会場:ギャラリー冬青
   〒164-0011東京都中野区中央5-18-20
ホームページ:http://www.tosei-sha.jp/

是非お運びください!!
# by higashikawa_blog | 2012-01-28 23:25 | 受賞作家関連

澤田知子氏 展覧会「Nostalgia-East Asia Contemportary Art Exhibitio」


東川賞受賞作家 澤田知子氏が、Museum of Contemporary Art – Shanghaiで行われる展覧会 「Nostalgia-East Asia Contemportary Art Exhibitio」に参加いたします。

b0187229_14152612.jpg
b0187229_14161172.jpgb0187229_14184180.jpg
b0187229_14191272.jpgb0187229_14194239.jpg
b0187229_14202197.jpgb0187229_14203925.jpg





































「Nostalgia-East Asia Contemportary Art Exhibitio」

会期:Feb. 18 - Mar. 25 ,2012
会場:Museum of Contemporary Art, Shanghai
   People's Park, 231 Nanjing West Road, Shanghai, 200003, China
問い合わせ:+86 21 63279900
ホームページ:http://www.mocashanghai.org/

上海においでに方は是非お立ち寄りください!!
# by higashikawa_blog | 2012-01-26 14:28 | 受賞作家関連

東川賞受賞作家 北野謙氏 関連レクチャーのお知らせ


昨年東川賞新人作家賞を受賞された北野謙氏。
只今開催中のMEM個展に関連したレクチャーのお知らせです。

b0187229_14503259.jpg











「日本現代写真におけるポートレイト:その反復、差異、多様性について」 アィヤレット・ゾーハー


現在エルサレムのヘブライ大学の東アジア学科での教鞭をとっているゾーハー氏は、美術批評家、キュレーター、アーティストとしても活躍。日本の現代美術を紹介する「ポストジェンダー」展を2005年にハイファのティコチン美術館で開催、2009年に同名の書籍をCambridge Scholarsから出版。専門はヴィジュアルカルチャー、写真史、現代写真、ビデオアート、インスタレーションを含みます。
今回は、ゾーハー氏が最近Trans Asia Photography Reviewにおいて発表したThe Elu[va]sive Japanese Portrait: Repetition, Difference and Multiplicityに基づき、日本の現代写真に見られるポートレイトの表現の反復性や差異、多様性について語って頂きます。この論文では森村泰昌、澤田知子、高木こずえ、 鷹野隆大、ツァオ・フェイ等の作品の論考に加え、現在開催中の北野謙展で紹介のour faceシリーズについても書かれています。

******

■アィヤレット・ゾーハー氏レクチャー
「日本現代写真におけるポートレイト:その反復、差異、多様性について」
日程:2012年1月29日(日)午後5時~
会場:MEM 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
tel. 03-6459-3205 fax.03-64325-9482
http://www.mem-inc.jp

日本語通訳:近藤亮介氏(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論)
定員:先着30名
参加無料

******

<現在開催中の展覧会>

北野謙展 our face project: Asia
2012年1月29日(日)まで
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 (月曜休廊)
http://mem-inc.jp/2011/12/07/20111126/



日本の新進作家展vol.10 ; 写真の飛躍

2012 年1 月29 日(日)まで
会場:東京都写真美術館
参加作家:佐野陽一、添野和幸、西野壮平、春木麻衣子、北野謙
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1450.html


PORTRAITS 展
2012年1月30日(月)まで
会場:日本橋高島屋 美術画廊X
14人の写真作家によるグループ展に出展中
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/


是非お運びください!!!
# by higashikawa_blog | 2012-01-24 15:06 | 受賞作家関連

東川賞受賞作家 今道子氏 個展のお知らせ


第3回東川賞新人作家賞を受賞した 今道子氏の個展「IMPACT」がB GALLERYにて開催されます!

b0187229_1432237.jpg



















©Michiko Kon

「IMPACT」

B GALLERYでは初となる写真家、今道子の写真展。
1979年から2010年までの作品群からアートディレクター、町口景が「衝撃」をテーマに厳選した35点を収録する最新写真集『IMPACT』(M/Light No.3)の掲載作品を中心に展示、販売します。

魚や花といった有機物から衣類や機械などのプロダクトまでをモチーフに、自ら組み合わせたオブジェを被写体とした静物写真シリーズで知られる今道子の新作を含む代表作品群に、どうぞご期待ください。

協力:Photo Gallery International

******
会期:2012年1月26日(木)~2月12日(日)11:00~20:00 ※2月2日(木)休
会場 : B GALLERY 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6(BEAMS JAPAN 6F)
お問い合わせ: 03-5368-7309

<レセプションパーティー>
2012年1月28日(土)18:00~20:00

<トークショー>
2012年2月5日(日) 14:00~15:30 / B GALLERY (BEAMS JAPAN 6F)
ゲスト:三好耕三(写真家) / 町口景(M/Lightディレクター) /
高橋朗(Photo Gallery International/ディレクター)
予約定員制:先着30名様  

是非お運びください!!
# by higashikawa_blog | 2012-01-24 14:41 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30