人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

東川町文化ギャラリー展示情報

東川町文化ギャラリー展示情報です。

加藤征治写真展「未知なる序章」
b0187229_2055070.jpgb0187229_20552239.jpg









加藤さん独自の視点で捉えたモノクロ写真。
新作100点が並びます。




第13回写団ひかりクラブ写真展
b0187229_2101143.jpgb0187229_2102727.jpg
「環境保全」をクラブのテーマとし、様々な問題にレンズを向け日々制作している写真愛好団体の写真展です。



会期:6月4日(土)〜6月23日(木)※会期中無休
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)


みなさまのご来館お待ちしております!!
# by higashikawa_blog | 2011-06-07 21:01 | 東川町

飯塚達央さんによる被災地支援報告会に参加してきました

東川町在住の写真家・飯塚達央さんによる被災地支援報告会が、
5/29(日)東川町共生サロン「ここりん」にて開催されました。
b0187229_1156340.jpg


会場はみるみる内に満席になり、急遽席を増やすことに・・・・
「このままだと100人くらいの方が来そうなので、みなさま席をつめてお座りください」という飯塚さんのユーモアたっぷりのアナウンスで、会場を和ませて下さいました。
(飯塚さんはギャラリー職員の私と同じ大阪出身です!(しかも実家の住所が○○町南2丁目、まで同じ住所なのです!)ですのでユーモアいっぱいの楽しい写真家さんです!)

飯塚さんは実際被災地に向かい、写真の洗浄ボランティアを行ったことや、撮影された被災地・現地の子供達などの写真を上映しつつ、報告を行って下さいました。
また、当日出席していた旭川在住の方から、実家が被災した様子の写真とお話を聞くことができました。
b0187229_1455364.jpg話の内容はとてもリアルで、被災地の人の生の声を聞くことができました。
一番衝撃だったのは、旭川の人と被災地の人の話で、
ゴールデンウィークでボランティアの人達がたくさん来て嬉しいですかというような質問をした所、
「じゃあ私たちはいつ休めばいいんだ」という話を聞いてショックを受けたという内容でした。
もちろんありがたいという気持ちもあることは確かだと思います。


しかしボランティアの人を受け入れるのは現地の人だという事実、気持ちの面での負担など、私にはまだまだ見えていない部分があるのだと感じました。

また、報告会の終わりに「びえいちょこっと旅プレゼント」という企画のお話もして下さいました。
くわしくはこちら↓ 
「びえいちょこっと旅プレゼント企画」ホームページ
http://bieinakama7.web.fc2.com/
みなさん自分のできることは何か、ということを考えながら、各方面で支援の輪が広がっているのだと感じました。

最後に流れた、飯塚さん撮影の被災地の家族・子供達のスライドショーを流しました。
被災地の人達の表情は明るく、優しく、強さを感じました。
b0187229_1524180.jpg









やはり、現地を生で体験してきた方の話を聞くことはとても大切なことだと感じました。
飯塚さん、貴重なお話をありがとうございました。
b0187229_14513411.jpg






今回の詳しいお話は、飯塚さんのブログをご覧下さい。
http://photoseason.blog25.fc2.com/blog-entry-1657.html
# by higashikawa_blog | 2011-06-02 15:18 | 東川町

フォトフェスタふれんず募集期間終了しました。

フォトフェスタふれんず申し込み期間は5月31日(火)で終了いたしました。

ご応募下さったみなさま、ありがとうございました。
募集状況ですが、定員が15名という中、若干の定員オーバーという結果になりました。
ですので厳正な抽選を行い、事務局の方からご連絡させていただきますのでもうしばらくお待ち下さい。

よろしくお願いいたします。
# by higashikawa_blog | 2011-06-02 10:06 | イベント

東川在住の写真家・飯塚達央さんによる被災地支援報告会を開催します

東川町在住の写真家・飯塚達央さんが、先週、宮城県の被災地に出向き、写真アルバムの洗浄と、被災者ご家族の記念写真を撮影するボランティア活動を行ってきました。

〜以下、飯塚さんのことば〜
写真アルバムの洗浄は数日の滞在ではらちがあかず、持ち帰り、先日東川で呼びかけに応じてくれた方12名で手分けして現在も洗浄作業を行っているところです。
真水で洗い、干して、新しいアルバムに詰めるという作業は遠隔地でもできることです。
こちらで受け入れられないかと個人的に考えているところであり、むこうから期待されているところです。
東川町は写真の町でもあるところからも、被災した写真を救う作業の受け入れ場所としてふさわしい地ではないかという思いもあります。
しかも自慢の大雪山の水を存分に使えるのですから。
実現にはいろいろ超えなければならないハードルもあるので、ではやりましょう。とはならないのですが・・・。
〜〜

被災地の状況スライド上映報告会
「絆〜きずな〜」

被災地でボランティア活動に勤しんでいる人たち、宿泊させてもらった避難所の体育館で出会った人たち、写真を撮らせてもらった被災地の家族たち。
みなさんの様々な絆を感じて来ました。
写真のスライド上映を通じて、東川に居ながら、我々が出来うること、大切にすべきことが何なのか、考えるきっかけになればと思っています。

日時:5月29日(日)17:30~18:30
場所:東川町共生サロン「ここりん」
東川町東町1丁目7-10 (役場駐車場道路を挟んだ南隣)
tel0166-82-2666
ここりんのブログでも今回の報告会の告知がアップされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/cocorolinkhigasikawa
申し込み不要 参加費無料

〈お問い合わせ〉
飯塚達央(写真家) 
電話:090-2070-7727
メール: photoseason@gmail.com


それぞれの立場・自分の周りの環境で、できることがあるのだな。と改めて感じました。
是非報告会に参加したいと思います。
みなさまもこれをきっかけに、改めて自分にとっての支援について考える機会にして下されば幸いです。

よろしくお願いいたします。

b0187229_208171.jpg

# by higashikawa_blog | 2011-05-25 20:13 | 東川町

フォトフェスタ・赤レンガ・公開ポートフォリオレビューの参加者を募集【お知らせ】

第27回東川町国際写真フェスティバル(東川町フォトフェスタ2011)
赤レンガ・公開ポートフォリオレビューの参加者を募集します。

ギャラリスト、評論家、編集者など、写真界のエキスパートとの出会いの場を通じて、年齢やキャリアを問わず、写真の町ならではの有意義なポートフォリオレビューを実施します。
今年は台湾、オーストリアからのレビュアーも参加となり国際的なレビューとなりました。
3名のレビュアーがマンツーマンで20分間レビューいたします。なるべくご希望に沿うようにレビュアーを割り当てますが、スケジュールの都合などで一部、ご希望に沿えないこともあることをご了承下さい。

主  催:東川町・東川町写真の町実行委員会

開催日時:2010年7月30日(土)~7月31日(日曜日)
7/30   09:30~チェックインと簡単なオリエンテーションを行います。
    10:00~13:45
7/31   09:30~チェックインと簡単なオリエンテーションを行います。
    10:00~12:05

開催場所:北海道上川郡東川町内 赤レンガ倉庫
(当日は赤レンガ倉庫に9:30までに集合下さい。)

募集定員:7/30 16名
     7/31  10名

*参加希望日を申し込み時にお伝え下さい。
原則1日のみの参加になりますが、定員に空きがある場合は両日参加可能です。
空きが出た場合に事務局より連絡致しますので、両日希望の方はその旨もお伝え下さい。
 
応募開始2011年6月13日(月)  9:00~(※事前応募は無効)
     (定員になり次第締切りとします。)

応募資格
年齢、国籍、プロ、アマを問いません(日本語でのレビューとなります)写真のジャンルやテーマも一切問いません。参加資格の目安としては一つにまとまった形の写真作品を写真のエキスパート(写真家、ギャラリスト及び編集者など)にレビュー出来る方

申込み:
参加希望される方は、電話で申込み下さい。受付後、メールにて別添応募用紙と写真データ(長辺300ピクセル・jpeg)を7月11日(月)までにお送り下さい。また、参加費は当日納入下さい。
 7月上旬頃を目途に、実行委員会から参加者全員に当日のスケジュール予定(レビュー日程、レビュアー名等)をご連絡させていただきます。


参加費
2,000円 (3名のレビューが受けられます。)
*参加費は当日のチェックイン時にお支払い下さい。 

レビュアー予定者(五十音順)
 沖本尚志(編集者) 
 邱奕堅(台北1839コンテンポラリーギャラリー・キュレーター)
    *日本語でのレビュー可
クリスチーネ・フリシンゲリ(元カメラ・オーストリア編集長)7月30日のみ
    *通訳付
高橋国博(冬青社代表)
高橋 朗(PGIディレクター)
タカザワケンジ(ライター/エディター)7月30日のみ
光田由里(美術評論家 写真の町東川賞審査員) 7月31日のみ
吉野弘章(東京工芸大学教授/ YOSHINOHIROAKI PROJECTS代表)
                
その他
募集内容が変更する場合があります。やむなく変更が生じる場合は、随時更新しますので、お手数ですが申込み後におかれましても随時ご確認をよろしくお願いいたします。

申し込み用紙ダウンロードなど、詳しい情報はホームページをご覧下さい。
http://photo-town.jp/events/index.html

<お問い合わせ・申込み先>
〒071-1423
北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
東川町写真の町実行委員会事務局
東川町写真の町課写真の町推進室
TEL:0166-82-2111(591)FAX:0166-82-4704

豪華レビュアー陣に自分の作品を見てもらえるという、またとないチャンスです!
たくさんのみなさまのご参加お待ちしております!!
# by higashikawa_blog | 2011-05-25 14:20 | イベント
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31