東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

深瀬昌久氏 展覧会「Masahisa Fukase - Private Scenes」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

foam museumにて、深瀬昌久氏の展覧会が開催中です。


Masahisa Fukase - Private Scenes

b0187229_12125843.jpg
©Masahisa Fukase


以下リンクより

The life work of Japanese photographer Masahisa Fukase (Hokkaido, 1934-2012) remained largely inaccessible for over two decades, following a tragic fall that left the artist with permanent brain damage. After his death the archives were gradually disclosed, revealing a wealth of material that had never been shown before. Foam presents a large-scale retrospective with original prints from the Masahisa Fukase Archives in Tokyo. In addition to his seminal body of work Ravens, the exhibition contains a number of important photo series, publications and documentation dating from the early 1960s to 1992. The works combine to form a remarkable visual biography of one of the most radical and experimental photographers of the post-war generation in Japan.


VISUAL BIOGRAPHY
Fukase incorporated his personal struggle with loss and depression into his work in a surprisingly playful manner. His subjects are personal and highly intimate: over the years, his wife Yoko, his dying father and his beloved cat Sasuke regularly featured in sometimes comical, at other times sombre visual narratives. Towards the end of this working life, the photographer increasingly turned the camera on himself. The huge number of self-portraits – precursors to today’s ubiquitous selfie – testifies to the singular, almost obsessive way that the artist related to his surroundings, and to himself.


MASTERPIECE
Fukase worked almost exclusively in series, some of which came about over the course of several decades. He would become famous for his Ravens (1975-1985), an atmospheric and associative visual narrative conceived during a trip to his native Hokkaido. The series would become his life-work and is considered his absolute masterpiece. Ravens was published as a book in1986 and hailed as the best photobook of the past 25 years by the British Journal of Photography in 2010. The flocks of ravens, a sign of a approaching doom, formed a metaphor for Fukase’s state of mind as his marriage with Yoko was falling apart. A little-known fact is that Fukase also photographed his famous ravens in colour. The rare colour Polaroids from the Raven Scenes series (1985) are exhibited outside of Japan for the first time.


FAMILY CHRONICLE
The coexistence of buoyancy and personal grief became a recurrent theme in Fukase’s work from an early date. In the exhibition Kill the Pig (1961), Fukase presented experimental studies of his pregnant wife and still-born child in combination with photographs made in a slaughterhouse: an at once playful and macabre reflection on love, life and death. Memories of Father (1971-1987) shows the life, the slow decay and ultimately the death of his father; a tender homage and a poignant ‘memento mori’. The sometimes humorous and sometimes earnest family portraits of Family (1971-1989), for which the artist portrayed his family in his parents’ photo studio year after year, form an exceptional family chronicle.


****************************

7 September – 12 December 2018

Foam Fotografiemuseum Keizersgracht 609, Amsterdam





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-10-01 12:16 | 受賞作家関連

展覧会「Incognito: The Eye in Search」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Japan Creative Centreにて、川内倫子氏、澤田知子氏、オノデラユキ氏による三人展が開催中です。


Incognito: The Eye in Search

b0187229_11592627.jpg
©Yuki Onodera


以下リンクより

To discover the unknown, one often has to play the role of the unknown themselves. Photographers are hence many a time, undercover agents taking on new perspectives, guises and identities to contemplate, agitate and displace the status quo. Incognito presents the works of three prominent Japanese women photographers—Rinko Kawauchi, Tomoko Sawada and Yuki Onodera, at phases of their creative journeys where they have encountered an external stimuli for change.

In response, each artist deployed unique strategies of observation and intervention to re-calibrate themselves against their contexts. What ensues is an arresting meditation on relationships between internal and external realities, sensorial and physical elements, and the experience of living through the sheer act of creating and photographing.



Artists
Rinko Kawauchi
Tomoko Sawada
Yuki Onodera


******************************

Event Start
28 Sep 2018

Event End
27 Oct 2018

Opening Hours

Tue to Sat: 10am — 6pm
Closed on Mon and Sun

Venue

Japan Creative Centre

Entry Fee
Free Admission






[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-10-01 12:01 | 受賞作家関連

吉田志穂さん イベント「HardcoreAmbience AREA03」


フォトふれ イベントのお知らせ

神保町試聴室にて開催されるイベント「HardcoreAmbience AREA03」に、吉田志穂さんが出演します。


HardcoreAmbience AREA03

b0187229_11444982.png



以下リンクより

Koji NakamuraことNyantoraと福岡のサウンドアーティストduennによる共催イベント『HardcoreAmbience AREA03』が、10月9日(火)・10日(水)に開催されることになった。


このイベントは、アンビエント、実験音楽、前衛音楽などのレフトフィールドな音世界を少しづつ世に広めていき、1人でも多くのリスナーの耳に届けていきたいというコンセプトの元、毎回レジェンドから若手まで幅広い年齢層のアーティストを招聘し、季節ごとに年四回ペースで開催している。


今回は50年代から第一線で活躍する音楽家・高橋悠治と、詩人・谷川俊太郎をスペシャルゲストに迎えて、二夜に渡って開催。


10月9日(火)は神保町試聴室で、高橋悠治、佐藤 亜矢子、吉田志穂を迎えて。翌日10日(水)は渋谷UPLINKで谷川俊太郎を迎えることが発表された。


*********************************

PART1
日程:2018年10月9日(火)
会場:神保町試聴室
時間:open20:00 / end21:30
料金:前売予約 3,000円 / 当日 3,500円(共に別途1ドリンク500円)

[予約]
http://shicho.org/2018/10/1event181009/

出演:
高橋悠治
佐藤 亜矢子
吉田志穂
Nyantora
duenn


PART2
日程:2018年10月10日(水)
会場:渋谷UPLINK
時間:open20:30 / end21:30
料金:前売予約 3,000円 / 当日 3,500円(共に別途1ドリンク500円)

[予約]
http://www.uplink.co.jp/

出演:
谷川俊太郎
Nyantora
duenn





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-10-01 11:46 | フォトフレンド

クロダミサトさん 写真展「裸婦明媚(らふ めいび)」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

神保町画廊にて、クロダミサトさんの写真展が開催されます。


裸婦明媚(らふ めいび)

b0187229_11370761.jpg


以下リンクより

SNSによって写真の価値が変わったのを感じていた。
タイムラインに次々と上げられる写真が見返されることもなく流れていく…
まるで若いうちしか価値がないと世間で言われている女の子のように感じた。

ヌード撮影をした彼女たちの話を聞いて私の気持ちは変わっていく。

何かを社会に発信したい、私の体で何かを変えられる、
その彼女たちの言葉から私はヌードが持つ強さを感じた。

体ひとつで社会を変えられることを信じている彼女たちを私はなにより信じている。



***********************************

10月5日(金)~21日(日)
開廊時間:13時~19時 
休廊日:月曜、火曜(10月8日は開廊します)

神保町画廊 東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル1階





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-10-01 11:39 | フォトフレンド

石川直樹氏 展覧会「コレクション展Ⅱ LANDSCAPE」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

新潟市美術館にて開催中の展覧会「コレクション展Ⅱ LANDSCAPE」に、石川直樹氏が出展しております。


コレクション展Ⅱ LANDSCAPE

b0187229_14115617.jpg


以下リンクより



出展作家:吉原悠博 石川直樹 阪田清子 大岩オスカール 霜鳥健二 冨井大裕 磯辺行久

 「水と土の芸術祭2018」(通称「水土〔みずつち〕」、714日〜108日)が開催されるのにあわせ、当館の所蔵作品から、これまで同フェスティバルに参加してきた作家の作品を紹介します。

 テーマは「風景(landscape〔英語〕)」。「水土」では、アーティストたちは新潟という場をつぶさに観察し、市内で制作・発表することの意味を深く考え、得た着想を自分なりの手法で表してきました。そこには、作家の数だけの“新潟”という「土地(land)に対する視点(scape*)」が提示されていると言えます。

 風景は、広く古今東西の芸術家に創作のタネを提供し続けてきました。当館のコレクションを見渡してみても、風景を主題に、この100年近くの間に国内外で多様な表現が生み出されてきたことがわかります。今回は特に、「水土」の作家たちが着目した風景の5つのエッセンス―「人と自然」「距離」「経験」「時間」「抽象と具象」―が浮かび上がるような所蔵品を取り合わせてみました。

 作家たちの感度の高い目を借りて周囲を見てみれば、見慣れたはずの環境から、私たちも新しい視点で風景を切り取ることができるようになるかもしれません。

*=英語で、「視界・視野」を表す接尾語。



******************************
2018年08月07日(火)-12月02日(日)
午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は午後5時30分まで)
休館:月曜日(ただし8月13日、9月17・24日(祝)は開館)
、9月18日(火)、9月25日(火)~10月9日(火)、10月16日(火)、10月23日(火)~11月2日(金)
観覧料:一般200円(160円)、大学生・高校生150円(110円)、中学生・小学生100円(70円)

()内は団体(20名以上)料金

新潟市美術館 〒951-8556 新潟市中央区西大畑町5191-9



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 14:15 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31