人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

飯沢耕太郎氏 展覧会「飯沢耕太郎×村田兼一 きのこの愉しみと恐怖」

神保町画廊にて、東川町国際写真フェスティバル2012「赤レンガ公開ポートフォリオオーディション」でレビュアーをしていただきました飯沢耕太郎氏が展覧会を開催いたします。

「飯沢耕太郎×村田兼一 きのこの愉しみと恐怖」

飯沢耕太郎氏 展覧会「飯沢耕太郎×村田兼一 きのこの愉しみと恐怖」_b0187229_11111338.jpg














©Kotaro Iizawa


以下リンクより

きのこという面妖な存在は、さまざまな病気を発症する。
mycophilia(きのこ愛好症)とmycophobia(きのこ恐怖症)もその典型。
でもこの2つの病気、コインの裏表のように、どこかでつながっているように思えてならない。
村田兼一さんとの、きのこをテーマにした二人展。
ぜひ足を運んで、あなたがどちらの病いに冒されているのかを確かめていただきたい。

飯沢耕太郎


<トークショー>

10月14日(日曜日)午後3時より
参加費:1000円
場所は、画廊近くの会場を予定しています。
参加ご希望の方はメールにて、お名前・ご連絡先を明記の上、
ご予約をお願いいたします。

*ご予約はリンクより


*************************
会期:2012年10月10日~10月27日
時間:12時~18時(会期中金曜日は19時まで)
休廊:月・火
会場:神保町画廊
   〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル1階
リンク:http://jinbochogarou.com/
# by higashikawa_blog | 2012-10-09 11:15 | その他お知らせ

瀬戸正人氏 展覧会「Cesium6」


M2ギャラリーにて、第11回東川賞新人作家賞受賞者の瀬戸正人氏の展覧会が開催中です!!

「Cesium6」

瀬戸正人氏 展覧会「Cesium6」_b0187229_1164141.jpg















©Masato Seto


**********************
会期:2012年10月8日~10月14日
時間:12:00~19:00(展覧会最終日は18:00まで)
会場:M2ギャラリー
   〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F
リンク:http://www.placem.com/
# by higashikawa_blog | 2012-10-09 11:08 | 受賞作家関連

柴田敏雄氏 個展「TWO DECADES」


アメリカのgallery luisottiにて、東川賞受賞作家 柴田敏雄氏の個展が開催中です!!!

「TWO DECADES」

柴田敏雄氏 個展「TWO DECADES」_b0187229_1251211.jpg




















©Toshio Shibata


以下リンクより

Gallery Luisotti is pleased to announce the exhibition of Toshio Shibata: Two Decades, the artist’s third solo presentation at the gallery. Renowned for his groundbreaking photographs documenting the changes to the natural environment of his native Japan, this exhibition will take particular focus upon the Shibata’s landscape works that, through a measured reduction of the visual field, resonates with concerns of the abstract and the minimalist. Works on display provide a survey of Shibata’s aesthetic development over the past twenty years, including Polaroid, black and white, and color prints of engineering structures throughout Japan and the American West.

Since the early 1970s when he first started his career, Shibata’s photographs have long been marked by an interest to capture within a single frame values that are seemingly at rational odds with one another. Like his American counterparts that would become known as the New Topographic photographers, the inherent contradictions between the organic and the man-made form the ethical dynamics at the core of Shibata’s works. In a sense, the works in Two Decades detail the possibility of a figurative harmony that can appear at times, however visually intrusive, between public works and physical nature. Without hints of criticism, sluices, and concrete blocks appear more like an extension of the landscape filling a necessary role than appearing as jarring impositions under Shibata’s eyes.

Nature has a specific hold on the imagination, with interpretations of what it might just stand for being a matter of where one may be from. Shibata’s aesthetic is about finding a middle-ground between two ideals. Nature as symbol of wilderness and expansion in the western world is contained within these works alongside a uniquely Japanese notion of the wild as a vessel for the elusive. In the subtly mysterious disorientation of scale that sometimes appears in his work, Shibata urges that the congress between the nature and the man-made may reside in a place of such poetic silences.

The exhibition features photographs rarely seen outside of Japan, including an early Polaroid Type 55 print in addition to one of Shibata’s most recent, large-scale color photographs. Though separated both chronologically and geographically, the exhibition provides a coherent portrait of the artist’s photographic concerns and displays some of the most iconic images from the artist’s expansive library of work.


****************************
会期:Sep 8 - Nov 3, 2012
時間:Tues.-Fri. 10:30am-6pm
   Sat. 11am-6pm
会場:Gallery Luisotti
   2525 Michigan Ave, Bldg A2, CA, 90404, Santa Monica, USA
リンク:http://www.artnet.com/galleries/exhibitions.asp?gid=684&cid=276838
# by higashikawa_blog | 2012-10-07 12:56 | 受賞作家関連

天野祐子さん グループ展「COVERED TOKYO」


元フォトふれ 天野祐子さんが、"シャトー2F"にて開催されるグループ展「COVERED TOKYO」に参加します!!!

「COVERED TOKYO」

天野祐子さん グループ展「COVERED TOKYO」_b0187229_16353979.gif















以下リンクより

この度、KAYOKOYUKI、TALION GALLERY、nap gallery、HAGIWARA PROJECTSの
4つのギャラリーによる共同企画『COVERED TOKYO』を開催致します。
第一回目となる『COVERED TOKYO: October, 2012』では、天野祐子、岡﨑彩加、
金子拓、小林礼佳、小泉圭理、トヨダヒトシ(10/13限定)の6人の作家をご紹介します。


10.06, 18:00-:オープニングレセプション
10.13, 19:30-:トヨダヒトシ 映像日記・スライドショー&アフタートーク(天野太郎xトヨダヒトシ)
10.21, 18:00-:クロージングパーティー

料金:400円、イベント料 1000円(各1ドリンク付き)
会場:シャトー2F(〒184-0004 東京都小金井市本町6-5-3-2F)

**********************
会期:2012年10月06日(土)~2012年10月21日(日)
時間:12:00~20:00
定休日:月・火
会場:シャトー2F
   〒184-0004 東京都小金井市本町6-5-3-2F
リンク:http://chateau2f.com/gallery/index.php?itemid=22
# by higashikawa_blog | 2012-10-05 16:36 | フォトフレンド

石内都氏 個展「絹の夢」


10月7日より丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて、東川賞受賞作家 石内都氏の個展が開催されます!!

「絹の夢」

石内都氏 個展「絹の夢」_b0187229_16142090.jpg
































以下美術館HPより

石内都は1979年に木村伊兵衛写真賞を受賞、2005年には母親の遺品を撮影した「Mother’s」でヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表となるなど、現在まで意欲的に撮り続けている写真家です。石内は「Mother’s」に続く、広島の被爆資料のワンピースなどを撮った「ひろしま」を制作する過程で多くの絹織物に接したことにより、絹への関心を呼び起こされました。さらに6歳までを過ごした群馬県桐生市が織物の産地であることから、2010年より絹を題材として銘仙や繭、織物工場、製糸工場などの撮影を始めます。明治・大正・昭和にかけて流行し、絹を着る喜びに満ち、生き生きとファッションを楽しむ当時の女性たちを垣間見せるような銘仙、そして日本を支えてきた生糸産業の現況を踏まえ、石内の目は様々な過去と現実を織り込みながら、なお美しく色あせずに現存する近代日本の夢の跡形として絹を捉えました。撮りおろし新作の「絹の夢」は、石内の個人史と近現代史が交差した新たな展開となります。日本初展示の「ひろしま」を含む新作46点と映像作品を展示します。


<関連プログラム>

◎対談:石内都×黒川創(作家) 
2012年10月7日(日) 14:00-
「繭/絹/織-日本近現代史を語る」

◎キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 各日14:00- (ただし10月7日は除く)
本展担当キュレーター(松村円・中田耕市)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。


**********************
会期:2012年10月7日(日)-2013年1月6日(日)
時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館:12月25日-31日
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
   〒763-0022 香川県丸亀市浜町80-1
リンク:http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2012/10/07/378/
# by higashikawa_blog | 2012-10-05 16:20 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30